ところ・どころ・フォトギャラリー


ところ・どころ・フォトギャラリー「常呂のさまざまな運動会」

昭和35年舗装
昭和35年 常呂町内舗装工事:本通り

5月15日から9月30日まで、本通りから大通りまでの1kmを舗装工事

*常呂図書館は、旧常呂町時代に広報や記念史
 発行時に収集した写真やネガをを中心に、
 新たに収集した写真も含めてデジタル化し、
 膨大な量を保存しています。
*このギャラリーは、その中から毎月テーマを
 決めて常呂の歩みをご覧いただきます。
*4月のテーマは「昭和30年代前半 常呂の
 あれこれ」です。
*街中のできごとや光景を撮った写真に
 説明をつけてご覧いただきます。 

画像スライド集

 公民館設立演芸会
昭和33年6月28日 常呂婦人会主催、公民館設立準備基金造成の演芸大会

常呂婦人会主催で昼夜2回、常呂劇場で開催し、超満員。益金37,000円を町に寄付。
写真は、演劇「修善寺物語」(原作:岡本綺堂)。

昭和34年 梅田温泉試掘
昭和34年 梅田温泉試掘

共立姉問排水機場向かい側で温泉試掘、温泉保養施設設置。昭和53年まで営業。

昭和30年代前半 常呂町大通り商店街
昭和30年代前半 常呂町大通り商店街

国道舗装前の商店街。左側手前に沢向家具店、右手手前に岡久薬点があり、
奥に向かって本通りへと続く。

昭和30年代前半 常呂川河口付近、弁天地区の漁船群
昭和30年代前半 常呂川河口付近、弁天地区の漁船群

昭和34年8月から始まる常呂川拡幅工事前の弁天地区に停留する漁船群。
奥に旧常呂橋が見える。

昭和32年4月 天龍寺の花祭り
昭和32年4月 天龍寺の花祭り

写真は、天龍寺境内から花祭りの稚児行列が出発するところ。

昭和32年8月18日 ニュートコロ
昭和32年8月18日 ニュートコロ

常呂町内の社交場だった「ニュートコロ」。
写真に写っている女性は「大島鍋」と書かれたたらいのような
ものを頭にかぶっている。連続する写真には複数の女性が写って
いるので、観光PRに訪れたものかもしれません。

昭和33年3月8日 常呂小学校父兄参観日
昭和33年3月8日 常呂小学校父兄参観日

学年・学級は不明。「父兄参観日」(昔はこう表現していました)に合わせて
誕生会の行事を行っています。当時の学級内の雰囲気が分かる1枚です。

昭和33年10月5日 常呂漁港完成式典・祝賀パレード
昭和33年10月5日 常呂漁港完成式典・祝賀パレード

常呂漁港は、昭和25年に網走土木現業所の直轄事業として始まり、
9年の歳月と1億7千5百万円の費用をかけて完成しました。
この日、午前9時の花火を合図に小中生の旗行列、自動車の仮装行列が
漁港を目指して練り歩き、漁船30隻以上が満艦飾に装いをこらして
入港。町を挙げて喜びに包まれました。

昭和34年6月3日 めぐみ保育園設立
昭和34年6月3日 めぐみ保育園設立

昭和34年5月信者の協力で基督教常呂教会を建設し、付属めぐみ保育所を併置。
めぐみ保育園は、モルタル仕立て、収容人員80人。
3歳以上を対象とし、保育時間は、日曜祭日を除き午前7時から午後4時まで。
保育料月600円で1日2回おやつ。昭和47年12月18日閉園し、町立へき地保育所に移管。
場所は現在の開進町会館。

昭和34年 常呂駅前交差点
昭和34年 常呂駅前交差点

昭和35年に始まる国道、常呂町内の舗装工事前の駅前交差点。
右側に昭和30年6月10日開院の榎本歯科医院、左側に大友呉服店の壁が見えます。

昭和34年 本通り界隈その1
昭和34年 本通り界隈その1

左側に関口モーターズの看板があり、右に曲がると旧常呂橋に続きます。
写真奥の突き当たりは、昭和38年12月に渡橋式を行う常呂橋の本通り側たもとになります。

昭和34年 本通り界隈その2
昭和34年 本通り界隈その2

関口モーターズのから旧常呂橋方面へ上ってきたところ。
右側に山田商店、左側の木造2階建てはかつての駅逓。

昭和34年 本通り界隈その3
昭和34年 本通り界隈その3

右側に関口モーターズがあり、写真中央交差点の建物は、現在の河村造花点。

最終更新日: