ところ・どころ・フォトギャラリー 9月のテーマは、昭和初期から平成までの常呂神社祭


ところ・どころ・フォトギャラリー「昭和初期から平成までの常呂神社祭」

常呂神社社殿落成
昭和16年9月26日

常呂神社社殿の上棟式は昭和16年8月23日で、落成は9月26日。

毎年、9月11日から13日は常呂神社祭です。
さまざまな年代の神社祭を、常呂図書館が所蔵
している写真で紹介します。

画像スライド集

昭和初期
昭和初期の常呂神社祭

常呂図書館所蔵の常呂神社祭に関するもっとも古い年代の写真。
大正7年に社殿を造営した後の年代で、昭和16年社殿新築造営の間の時期のもの。

昭和8年の神社祭
昭和8年 常呂橋の上でのお神輿

常呂橋の上に御神輿を置いての記念写真。
昭和6年に常呂橋の架け替えがあり、木橋から鉄構橋になりました。また、昭和7年はホタテの豊漁が続き、常呂漁業組合から常呂神社に豊漁感謝記念と村社昇格を祝って御輿が寄付されました。

昭和8年頃の常呂神社祭
昭和8年頃の常呂神社祭

常呂橋と現本通り側の橋のたもとの写真。
ノボリや人の多さ、当時の山田商店(山田本店:写真左)の雰囲気が分かります。

昭和14年9月15日 常呂神社祭典御輿海上御渡
昭和14年9月15日 常呂神社祭典御輿海上御渡

「常呂漁協40年誌」から:この年は「1年間禁漁したホタテ漁業は1隻平均1000樽を目標に、漁夫給料他経費は組合で支払いして無駄の排除に努め、事業経営及び家庭経済の合理化低減を図り、負債整理等一路更正を目標に着業したところ、予想外の豊漁に恵まれ、組合員の旧債を全部償還することができた」との記載があり、このことを記念しての海上御渡だったのかもしれません。

昭和16年9月 常呂神社社殿落成記念写真
昭和16年9月 常呂神社社殿落成記念写真

完成した常呂神社社殿の前での子どもたち中心の記念写真。

昭和27年海上渡御
昭和27年9月12日 常呂神社祭御神輿海上御渡

「常呂漁協40年誌」から抜粋して紹介します。
9月12日常呂神社本祭で、御神輿の海上渡御が行われた。渡御は御座船を中心として動力漁船全船が大漁旗も色とりどりに満艦飾に飾り付け、常呂川河口港を出港し、沖合一帯を一周し、海上安全と大漁を祈願して盛大の裡に終了した。

昭和30年頃の常呂神社祭
昭和30年頃の常呂神社祭

場所は、現在の本通り商店街の高橋商店(右)と旧佐藤写真館前(左)。

昭和44年9月12日の常呂神社祭
昭和44年9月12日の常呂神社祭

現在の中央町・本通りの境目になる商店街で、山田開進堂・佐藤旅館・千秋庵・榎戸商店・竹田商店・ヤマヤ・福田家具店などの看板・店が見えます。当時の商店街を知る写真にもなっています。

昭和53年9月 常呂神社祭の夜店
昭和53年9月 常呂神社祭の夜店

にぎやかな屋台の中で子どもたちに人気のあったスマートボールの店。

昭和54年9月 常呂神社お神輿海上御渡
昭和54年9月 常呂神社お神輿海上御渡

当時の「広報ところ」は、「常呂漁協が、常呂神社創立50周年記念とホタテ新造船お披露目、海上作業の安全・豊漁を祈願してみこしの海上御渡り実施。約2000人が見物。御輿を先頭に160隻の船団、勇壮な海上絵巻」と伝えています。

昭和56年9月 常呂神社祭の出店
昭和56年9月 常呂神社祭の出店

この当時の出店は、本通り商店街とその裏側の海岸通りに出店していました。
写真の場所は本通り商店街の高橋商店・古川商店付近です。

平成16年9月12日 常呂神社祭海上御輿御渡り
平成16年9月12日 常呂神社祭海上御輿御渡り

「広報ところ」は、「常呂漁協が13隻のホタテけた引き船を新造したのに合わせて海上渡御。御輿を新造船「ところ丸」に乗せ、他の12隻とともに常呂漁港を出港し、船隊を組んで巡行。操業の安全と豊漁を祈願」と伝えています。

平成17年9月12日 常呂神社祭夜店
平成17年9月12日 常呂神社祭夜店

交通ターミナルから東側に延びる中央駐車場横の道路に屋台が出店。写真は夜店のようす。

最終更新日: